人間が生きていく上で必要な栄養素は何種類あるでしょうか?

諸説ありますが、ビタミン、ミネラルやアミノ酸など、最低46種類以上の栄養素が必要と言われています。これらの栄養素は、助け合いながら、体の中に吸収されていきます。 
例えば、鉄分は、体の中に吸収されるために、カルシウムやビタミンB、Eなどの力を必要とします。

足りない栄養だけを補えばよいのか?!

ところが、摂取する鉄分が少なかったり、或いはカルシウムなどの力が強く働きすぎると、体の中の鉄分が不足して、貧血の症状が出ることがあります。このような時、病院に行くと鉄剤を処方されたりしますよね。
このお薬を服用することで、貧血症状は改善されますが、反対に多くの鉄分を体に取り込むためにカルシウムやビタミンがたくさん使われ、反対に、こちらの栄養素が不足する状態になってしまいます。


では、どうしたら良いか?

答えは明白です。 46種類の栄養素がバランス良く取れる食事をすることです。
さて、では、どうやってバランス良く栄養素を摂れば良いか? 知りたいでしょ?

バランスの良い栄養素の摂り方

ひと頃、「1日に合計30品目の食事を!」と言うキャンペーンがあったのを覚えていらっしゃいますか? このキャンペーン、どうなっちゃったかご存知ですか? 結局、30品目取ろうとすると、併せて摂取カロリーが増え、健康どころか反対に生活習慣病を促進してしまうことが非常に多くなったそうです。結果、このキャンペーンは消滅しちゃってますよね?! とにかく、摂取カロリー過多にならないで、且つ、しっかり多くの栄養素を摂ることは、現代の食生活事情の中では、かなり難しいと言えます。 

健康のために、求めるバランスを得る

野菜の中に含まれる栄養素の量も、50年前と比較するとかなり落ちています。
科学技術庁の章句品成分分析調査によると、例えば「ほうれん草」。 昭和26年には、100gあたり、ビタミンAは8,000mg、鉄分は13.0mg あったのが、平成13年の調査では、ビタミンAは700mg、鉄分は2.0mgと言うデータ。現代のほうれん草は、かつての10分の1以下のパワーです。

ですから、闇雲に野菜を摂ればイイ・・・では無いですよね!? 栄養素の含有量の高い野菜を選んで食べることが大切な時代になったと私は思っています。 それも、なるべく1種類の野菜で! 私が行き着いた野菜・・・それは、アロエベラです!

アロエベラについて

さて、問題です! アロエは、何科の植物でしょうか?

サボテン???

正解は「ユリ科」の植物です。 タマネギ、ニラ、ニンニクやラッキョウの仲間です。 日本では、「医者いらず」な~んて別名があったりしますが、実際に、疲労回復、滋養強壮、精力増強に役立つものとして使われてきました。

古代より珍重されてきたアロエベラ

日本ではキダチアロエがよく知られていますが、エジプトのピラミッドの中のミイラに棺と一緒に見つかったパピルスには、アロエが記されていたりしているそうです。 女王クレオパトラも美容と健康のためにアロエを使ったと言う伝説もあるくらいです。

私が摂っているのは、アロエベラと言う品種をジュースにしたものです。
このジュース1種類で、46種類以上の栄養素がしっかり摂れます。 私と私の家族は、数あるアロエジュースの中で、フォーエバー・リビング・プロダクツと言う会社のアロエベラジュースを飲んでいます。 また、このジュースに加えて、数種類のサプリメントを毎日摂っています。これらの商品については、別の項目で紹介しています。